名古屋の新しい観光地!?ゼロから作った「ビルエンナーレ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ビル一棟を巻き込んだアートイベント「ビルエンナーレ」も残り数日。

キングコング西野さんの「えんとつ町のプペル」の光る個展をきっかけにスタートしたこの企画。

https://camp-fire.jp/projects/view/12962
(↑きっかけとなった思いはこちらから!)

7階の「えんとつ町のプペル」光る原画展はもちろん

6階の上映会は完全に泣けるし、(声優さん、演出はビルエンナーレオリジナル)

お土産だって楽しめちゃう。

5階現代アート展「アンチクライヒト」


パノラマ撮影で感じる「アンチクライヒト」の世界。


作品名「鳥」

日常の中の「非日常」へ

4階には突然の「森」


突然野外みたいになっちゃった。


一度来たらまた来たくなる暖かい空間。

2階は隠れ家的非日常CAFE( 今適当につけた)「TOLAND」

期間限定「プペルパッフル」


共に「作る」

【同じ空間を共有するチームと。】

【縁で繋がったみんなと。】


職業も年齢もまったく関係なく「一緒に作る」

森を作った「山口夏未」

http://www.natsutabi.com(このブログを見れば彼女のことがわかる!)

相棒のスギちゃん(どちらかといえばマイルド)

【アンチクライヒト】会話は主にラップ。

個展制作で帯電体質になった将樹(別名発電モグラ)

アンチクライヒトの総司令官「杉浦哲平」

プペル展主催「沼田竜也」

彼は最後までプペりにプペり抜きました。(褒め言葉)

「最強の19歳 水谷駿介」会議の要。頭の回転が早く、会話もうまく思いやりもあるが白熱すると前歯が乾く。

デザイナーとしての実力を遺憾なく発揮した海人。疲れてくると足から「違和感」を解き放つ。

わたくし「新井康陽」一応ビルエンナーレの総統括でありカフェ店員だが、バンドマン時代に乳首の位置がださいという理不尽な悪口を受ける。

 

staff

沼田竜也

水谷駿介

若杉将樹

山口夏未

杉浦友紀

杉浦哲平

中原海人

岡村健美

柴山智香

伊藤彰宏

みえのみゆ

細井章代

山村綾音

大河内愛美

森田愛子

沼田かほ

嵩元直萌

藤井琢大

田中翔太

ボランティアスタッフの皆様

ありがとう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*