スマホの4G→5Gの変化がまじですごすぎた【おもろいことに専念できる時代突入】

どうも、サムこと新井康陽(鼻炎持ち)です。

僕はどうやら「時代の変化」ってやつが好きらしい。

これからどんなモノが生まれ、何が価値になるのか、想像するだけでワクワクする。

例えば、【5G】という技術。(スマホに表示される3Gとか4G的なアレね)

2019年から実装されていくみたいなんですが、コレが本当にスゴイ。

3Gから4Gに変わった時は「あ、なんか通信速度早くなったのね。ふーん。」みたいな感じだったんですが、

5Gは何かもう、レベルが違う。

ONE PIECEでいうと初期のコビーと2年後のコビーくらい違う。

まず、ダウンロード的な概念がなくなる。数時間の動画でも数秒。それくらい通信速度が劇的に早くなります。

4G→5Gの進化は、これまでのようにYouTubeやきしむベットの上で優しさを持ち寄る動画を快適に観るために進化するわけではありません。

ここからいよいよ突入するわけです。通信速度によるコンマ1秒のズレも許されない世界に。

どういうことかというとですね、5Gは自動車の「自動運転」や遠隔操作による「医療手術」など、0.1秒の遅れも許されない超超高速処理が必要な未来的技術を実現可能とするテクノロジーなんです。

自動運転なんて今の通信技術じゃ「なんか危なっかしくて怖い!」って感じですよね。

5Gという技術は通信速度の遅延を0.001秒まで抑えられるので、人間が知覚できないスピードで運転中の危険判断が可能になります。

身近な話だと、LINE電話とかの「え?今なんて言った!?」みたいな誤差のあるやり取りが皆無になります。何たって0.001秒しか遅延がないわけですからね。

さらに5Gという通信技術は「あらゆるモノ」をネットワークと繋げます。(IoTという技術)

こう聞くと本当にチンプンカンプンですが、これまでネットワークと無縁だったあらゆるモノ(それこそ笛とかコマとかでもいいよ!)がインターネットに常に繋がっている状態が実現するのです。

コレが5Gのウリの1つでもある「多数同時接続」という技術です。

この技術、マジですごいのに「多数同時接続」という控えめすぎる名前。これはもうBLEACHの卍解くらい派手な名前にしないと表現が追っつかないレベルです。

例えば日本中の全ての傘がネットワークと繋がるとします。

誰がいつ何処で傘を差したかの膨大なデータが常に更新され続けるので、どの範囲から雨が降っていて、どの範囲から降っていないかがリアルタイムで把握できるようになります。

4Kのカメラを数十台設置してもそれがネットワークと連動・リアルタイムで超高速処理が行われるので、ライブ配信(VR)なのにその場にいるような感覚で様々な角度から楽しむことができます。

車の自動運転も、この超多数のセンサー化した「モノ」の相互関係でより安定的な運転を実現します。

これだけの例でも今後の生活が劇的に変わることがわかると思いますが、これがもうありとあらゆるモノに5Gの技術が実装されていくわけです。

インターネットは電波を「拾う」という概念がなくなり、あらゆる「モノ」から電波が当たり前に飛んでいる状態になります。もう訳がわかりません。

これだけの情報量と通信スピードをとんでもない処理速度でこなす5Gという技術。半端ない。3Gから4Gになった時はあんま変化に気づかなくてすんませんでした。

この技術が普及すれば、UberEATSやamazonなどの配達系の仕事はもちろん、考えうるあらゆることが機械化されていく時代に突入します。

ほとんどの仕事を機械に任せ、「人がどのようにして働くか」を考えなくてはならない時代がはじまるのです。

ゆうなれば人が「おもろいことに専念できる時代」の到来です。

もちろんネガティブな見方も出来ますが、僕は日本の少子高齢化問題もポジティブに捉えています。

そしてこれからの「おもろいことに専念できる時代」を全力で生き抜くには、戦後から培われた「価値観」を1度アップデートする必要があります。

これまでの普通と、これからの時代の多様性を知る必要があるのです。

また近いうちにその辺のお話も出来たらと思います。それでは今日はこの辺で。

Twitterアカウント

https://mobile.twitter.com/toland333

Instagramアカウント

https://www.instagram.com/arai_koyo/

新井 康陽

名古屋でビル一棟プロデュース「TOLANDプロジェクト」 2Fには昼はカフェ、夜はコミュニティBAR「TOLAND」を経営。同スペースにスナック『キャンディ』名古屋も併設。 4Fにはクリエイター&イベントスペース「TOLAND クラフトの森」 5Fには新感覚コワーキングスペース「minna no kaisha」を運営。 TO JOIN(繋がる) TO SHARE(共有する) TO EVERYONE(みんなで)が理念。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です